2015/05/05 18:42:58

1

エンタメ

京都府130年伝統の子宝を願う風習が話題! 新婚夫婦の家の前にこっそりガラクタをくくり子宝期待

幟立て


京都府丹後市で130年の伝統の風習がある。その風習とは新婚夫婦の家の前にコッソリと子供に関するガラクタを鯉のぼりの様に掲げるというもの。この風習の意味は子宝を願う物で元気な赤ちゃんが授かるようにと受け継がれてきた行事。

深夜になると新婚家庭の庭先の木の棒にはベビーカーや自転車など「ガラクタ」を鯉のぼりのように飾るという。朝になり何も知らない新婚夫婦はそれを見て「綺麗だなと思った」と一言。新婚夫婦は家の前に吊されたガラクタを持ち主に返しながら挨拶をしたという。

ネットでは「子作りしろってプレッシャーかかるじゃん」「コッソリなにしてくれてるんだよ」「ガラクタとか」「いじめかよ」と書かれていた。この新夫婦には今年7月に第一子が生まれる予定。

参照
http://gyao.yahoo.co.jp/news/player/20150505-00000031-nnn-soci/

幟立て


ゴゴ通信への広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"F1韓国GPが開催放棄で違約金請求 その額は1億ドル ソウルでは別のF1コースを計画
【本日のみ】「ディズニーリゾートパスポート」と友達の両方が当たるチャンス ぼっちは応募しろー!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「京都府130年伝統の子宝を願う風習が話題! 新婚夫婦の家の前にこっそりガラクタをくくり子宝期待」への1件のフィードバック

  1. @harumi28786777 より:

    » 京都府130年伝統の子宝を願う風習が話題! 新婚夫婦の家の前にこっそりガラクタをくくり子宝期待 http://t.co/zMo1Tv2L2D 不妊症の人にはツラい風習でしょ。

@harumi28786777 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"F1韓国GPが開催放棄で違約金請求 その額は1億ドル ソウルでは別のF1コースを計画
【本日のみ】「ディズニーリゾートパスポート」と友達の両方が当たるチャンス ぼっちは応募しろー!