Onemix3Pro

プロ野球が雨天で試合中止 → 攝津投手が育てたカブトムシを配るイベントだけ雨天開催で困惑

カブトムシイベント


昨日、雁の巣球場で行われるはずだったソフトバンクホークス対中日ドラゴンズ(2軍)の試合は雨天の為に中止となってしまった。これで7月に入り雨天中止は3回目となり、球場まで来たファンは残念な気持ちだろう。

そんなファンに少しでも応えるために取った措置が、攝津正投手が育てたカブトムシプレゼントイベントである。雁の巣球場にて小学生以下のお子様8名に、カブトムシペアをプレゼントするというもの。実際にそのイベントが開催され、その模様がツイートされている。これは元々決まっていたイベントで、雨天中止の代替イベントと言うわけではない。小さなファンのために「せめてカブトムシだけでも配りたい」という願いから開催されたのだろう。

Twitterでは「ホントに謎イベントだなコレw」「これを繁殖させたの?w」「なんやそのイベント」と困惑の様子。しかし子供にとっては嬉しいイベントであり、攝津投手の(カブトムシへの)情熱が伝わってきそうである。

雨天中止

ゴゴ通信への広告についての問い合わせはこちら

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ゾノこと前園真聖が公約通り坊主に! 新ギャグも出来る
柏木由紀の写真を売った人を暴露しようとした雑誌が休刊に追い込まれる

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ゾノこと前園真聖が公約通り坊主に! 新ギャグも出来る
柏木由紀の写真を売った人を暴露しようとした雑誌が休刊に追い込まれる