2016/12/26 12:27:20

0

エンタメ

子供のために作ったキャラフードがヤバ過ぎると話題

tw fv ht gg pk


スポンサードリンク

【簡単に説明すると】
・フードアーティストである母親が息子のためにキャラご飯を制作
・カールじいさんの下半身がチキンに
・ほかにも数多くのキャラフードを制作

カールじいさん
スポンサードリンク

母親が作ったキャラクターフードがヤバいと話題になっている。オーストラリアのメルボルンで活動するフードアーティスト、レイルロモーメディが、SNSに投稿した写真が話題となっている。

題材は『カールじいさんの空飛ぶ家』で、息子のジェイコブのために丁寧に心を込めてキャラフードを作り、それを自身のInstagramとFacebookに投稿。

しかしただの『カールじいさんの空飛ぶ家』ではなくカールじいさんの下半身は鶏になっているというトンデモ料理。子供が見たら泣き出しそうな見た目である。

「鶏を食べさせてあげたい」という気持ちと「カールじいさんを作ってあげたい」が混ざりこのような形になってしまったのだろう。

ほかにも数多くの作品を投稿しており、体がカボチャのスポンジ・ボブやとにかくキャラフードに拘っているようだ。

コメントする

スポンサードリンク

スポンジ・ボブ

ソース






松本人志 Presents ドキュメンタル(Amazon独占配信)
30日間の無料体験期間で視聴可能






ゴゴ通信に広告を掲載しませんか?
gogoad
誤字脱字を報告する

この記事をシェア

tw fv ht gg pk

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"村上隆が総監督を務めるアニメ 未完成の状態で12月30日に放送 22分は謝罪
成宮寛貴の薬物情報をたれ込んだA氏が特定され自ら本名をツイート

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

匿名でコメントが可能です

"村上隆が総監督を務めるアニメ 未完成の状態で12月30日に放送 22分は謝罪
成宮寛貴の薬物情報をたれ込んだA氏が特定され自ら本名をツイート