ZOZOTOWNに続きメルカリも「翌月まとめ払い」を試験導入! マネーロンダリングが活性化するか?



【簡単に説明すると】
・メルカリが「翌月まとめ払い」を試験導入
・その月に購入した物を翌月(最大2万円)にまとめて支払える
・ZOZOTOWNのツケ払いでは支払うことが出来ない人が続出し問題に

メルカリ

フリマアプリ、『メルカリ』が1か月分の商品代金を翌月にまとめて支払えるサービスを試験的に導入。

この「翌月まとめ払い(正式名称、メルカリ月イチ払い)」では最大2万円までの購入代金を後日コンビニやATMで支払うというもの。

フリマで落札毎に支払うのが煩わしい、緊急で欲しいものがあるが今月は支払うお金が無い、そんな層をターゲットにしたサービス。

『メルカリ』ではお金を販売するなどマネーロンダリングが問題視されていたが、それにあわせて翌月払いも導入となると更にマネーロンダリングが活性化しそうだ。

試験運用中は過去の実績などを元に抽出した一部のユーザーのみが使うことができる。今後は随時ユーザーを拡大していく。利用方法は商品購入時に「メルカリ月イチ払い」を選択するだけ。手数料は100円となる。

・ZOZOTOWNでツケ払いが問題に

似たようなサービスでは『ZOZOTOWN』が「ツケ払い」を導入しており、こちらは限度額5万4000円までを最大2か月延長できるというもの。ただ支払い月になっても支払うことが出来ない人が続出し問題となっている。

関連:『ZOZOTOWN』のツケ払いで支払い出来ない人の悲鳴続々 「余った金で服買おう!」など無計画な若者
関連:メルカリで現金の出品が横行 その実態はクレカの現金化
関連:妊娠しやすくなる「妊娠米」なるものがメルカリで販売される もちろん根拠無し


コメントする(匿名可)

メルカリ メルカリ月イチ払い



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"クワバタオワラの小原が変わりすぎと話題に! 「顔変わりすぎ」「誰かわからなかった」の声
精力を数値化してくれるスマートコンドームが登場

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"クワバタオワラの小原が変わりすぎと話題に! 「顔変わりすぎ」「誰かわからなかった」の声
精力を数値化してくれるスマートコンドームが登場
//valuecommerce //popin //popin amp