ドワンゴの川上量生が会長を退任 取締役会で決定



【簡単に説明すると】
・ドワンゴの川上量生が会長を退任
・21日の取締役会で決定
・今後は取締役CTO

川上量生

ドワンゴの代表取締役会長だった川上量生氏が12月21日に行われた取締役会をもって株式会社ドワンゴの会長を退任することとなった。ドワンゴより送られて来たリリースを引用したい。

1. 退任の理由
 川上は、1997年8月に株式会社ドワンゴを設立し代表取締役社長に就任、2000年
9月からは同社の代表取締役会長としてグループの運営を担ってまいりました。
その間、AIに代表されるように過去に類を見ないスピードで技術革新が進んでいく中、
IT(web事業)を事業の柱の一つに据える当社として、技術力の向上という経営上の
最重要課題にいかに取り組むかということを考え続けておりました。そして今、
川上がグループにおいて果たすべき役割というものを考えたときに、新技術の開発に、
より集中することがグループの価値を極大化できるという結論に至りました。こうした
当社と川上の意向をふまえ、川上は代表取締役会長を退任しIT全般の最高責任者の
取締役として、動画サービスniconicoの強化はもちろんのこと、人工知能、教育事業などの
IT先端技術関連の新規事業開発に注力してまいります。

2. 退任する代表取締役の氏名及び役職
  氏 名     新 職      旧 職
 川上 量生    取締役CTO   代表取締役会長CTO

3. 退任日
2017年12月21日

【川上よりご挨拶】
 本日付でドワンゴの代表取締役会長を退任し、代表権を有しない取締役となりました。
今後は、新規ビジネス及びそれを支える技術の開発に一層注力してまいります。niconicoの運営とサービスはドワンゴ取締役の栗田穣崇が責任者としてユーザーの皆様と向き合い、ユーザーとともに作り上げるniconicoの原点に戻って改善を進めてまいりますので、どうか引き続きご期待いただきますようお願い申し上げます。

川上量生は先日のniconico(く)の意見交換会にて運営責任者を退任。しかし今日行われた取締役会にて会長職も退任することとなった。今後は取締役CTOとなる。

関連:ニコニコ意見交換会 「追い出し無し」「一般もシーク可」「延長と予約の無料」 プレミアムの価値は?
関連:【動画】ドワンゴ本社前で「niconico(く)反対デモ」が行われる 多くのユーザーが集結



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"北朝鮮の兵士がまた亡命 今年だけで兵士が4人も亡命 今後も兵士の亡命が増加か?
北海道のアイドルグループ『日本セーラー女子団』が台湾に遠征公演決定!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"北朝鮮の兵士がまた亡命 今年だけで兵士が4人も亡命 今後も兵士の亡命が増加か?
北海道のアイドルグループ『日本セーラー女子団』が台湾に遠征公演決定!