2018/08/01 17:37:16

5

動画

ロスで凶器を持った男が女性を人質とる 警察が容疑者に一斉発砲するも人質まで殺してしまう



【簡単に説明すると】
・LAで男が女性を人質に
・警察が容疑者に向けて一斉発砲
・しかし被害者にも当たってしまい人質も死亡

人質と容疑者

ロスで男が凶器を片手に女性を人質に取るという事件が起きた。事件が起きたのは6月16日で、ギレルモ・ペリッツ(Guillermo Perez)容疑者が元恋人をナイフで刺し、通報を受け出動した。

逃亡中の男を見つけ、警察は殺傷能力のないビーンバッグショットガン(ゴム製の弾)を放ち威嚇しナイフを置くように警告した。

容疑者はその場にあった椅子でショットガンの弾をガードし、近くに居た女性を人質にとり首にナイフを突きつけた。警察3人は容疑者に向けて一斉に銃を発砲し18発もの弾が撃たれた。しかし、人質もその弾が当たり死んでしまったのだ。

この警察の対応に対して過剰ではないかという指摘も挙がっている。LA警察庁長官マイケル・ムーアは「警察が銃を使用しないで犯罪者を制止することはできない。銃を使用すると近くの罪の無い人が犠牲にさらされ恐れがある。いずれかの選択をすると、別のものを失う」とコメント。

また過去1年間で銃を撃った警察の数が増えており、犯罪者と対峙した際に発射する弾丸の数も多くなったという事実を明かした。2017年だけで住民17人が警察の銃により命を失い、これは決して少ない数字ではない。

動画はショッキングなため自己責任で下記URLより閲覧してほしい。


動画はこちら(自己責任で)

ソース



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"ボクシング不正判定問題 日本ボクシング連盟山根会長は在日だったことが判明 韓国メディアが紹介
アメリカの裁判所 不倫をした男に10億円の損害賠償支払い命令

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「ロスで凶器を持った男が女性を人質とる 警察が容疑者に一斉発砲するも人質まで殺してしまう」への5件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    人質がいるから何?そいつがさらに他の人を殺すかもしれないじゃん
    人質がいる!手を出すな!
    どっちが正解なんよ…中間無いのか

  2. 匿名 より:

    犯罪が発生したら他の安全を考える必要はないんだね
    スピード解決のために、そのうち爆弾で一掃とか絨毯爆撃とかやりかねないね

  3. 匿名 より:

    M-6 402号の捕獲に使ったようなネットランチャーは今の人類科学でもまだ作れないのかね

  4. 匿名 より:

    さすがアメリカだな、人の命よりも人権が大事な国ですわ

  5. 匿名 より:

    人質にされた奴はなんで犯人が来る前に逃げなかったんだ?
    あの国で危機回避能力なかったら撃たれても仕方ないぞ

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"ボクシング不正判定問題 日本ボクシング連盟山根会長は在日だったことが判明 韓国メディアが紹介
アメリカの裁判所 不倫をした男に10億円の損害賠償支払い命令