Jaybirdがワイヤレスイヤホンの新モデル2機種を発表 長時間連続再生でアプリの設定も記憶可能



【簡単に説明すると】
・Jaybird新モデルの発表会が行われる
・『Jaybird TARAH』、『Jaybird X4』の2機種
・IPX7で長時間連続再生

Jaybirdイヤホン

ワイヤレスイヤホンで有名なブランドJaybirdが、10月2日午前、ロジクール社内で新モデルの発表会を行った。
新モデルは2機種あり『Jaybird TARAH(ジェイバード タラ)』、『Jaybird X4』。

複数サイズのイヤージェル、スピードシンチで高いフィット感を実現した新モデルとなる。
同シリーズはランナーと共に開発されたモデルで長時間連続使用可能バッテリー、走っても外れないフィット感、高いデザイン性、高機能アプリの付加価値。

『Jaybird TARAH』は6時間の『Jaybird X4』は8時間の連続再生となる。どちらのモデルもIPX7で防水はもちろん汗に耐えるという。

またアプリは音の調整などを一度設定するとイヤホン側に記録することが可能で、以後はスマートフォンなしでも調節が継続されるという。

また新モデルはファームウェアアップデートにも対応しており、新たな機能や不具合の修正なども可能となっている。

『Jaybird X4』
発売日:2018年10月11日
参考価格:1万6880円
カラー:3色

『Jaybird TARAH』
発売日:2018年10月25日
参考価格:1万3880円
カラー:3色


Jaybirdイヤホン

Jaybirdイヤホン

Jaybird発表会

Jaybird発表会

Jaybird発表会



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Ankerのノーパソまで充電できる最新のモバイルバッテリーがもはやモバイルじゃない! 2000台限定で販売
韓国ノーベル財団とはなに? 実態を探ってみたらヤバい反日活動団体だった

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Ankerのノーパソまで充電できる最新のモバイルバッテリーがもはやモバイルじゃない! 2000台限定で販売
韓国ノーベル財団とはなに? 実態を探ってみたらヤバい反日活動団体だった