アップルが “iPadOS”を発表 iOSとは別に進化 SDカードやUSBメモリもサポート



【簡単に説明すると】
・アプップルがWWDC発表会開催
・iPadOSが公開
・SDカードとUSBメモリもサポート

iPadOS

2019年6月4日の2時から行われたアップルのWWDC発表会にて、“iOS 13”の発表に続き、“iPadOS”が発表された。

これまではiPadはiOSだったが、“iPadOS”と独立するようになった。これにより更にiPadの使い勝手が良くなり画面のセパレートや画像のドラッグ&ドロップ、ファイル閲覧などよりマックに近づいた。

USBメモリやSDカードもサポートするようになり、カメラとも直接接続可能となる。

アップルは「デスクトップの使いやすさ」としており、またファイルのダウンロードマネージャー機能も搭載される。

様々なフォントも入っており編集の際に便利になっており、かなりmacOSに近づいた。

macOSの発表の際にはサイドカーなる物が発表され、それはiPadをMacのセカンドディスプレイにする機能。今まではサードパーティーのアプリでセカンドディスプレイするアプリがあったが、アップル公式でセカンドディスプレイにすることが可能になる。

関連:AppleがWWDCにて“iOS 13”を発表 FaceIDによる認証解除やアプリの起動が速くなる!


iPadOS

iPadOS

iPadOS

USB、SDもサポート

カメラとの接続もサポート



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"AppleがWWDCにて“iOS 13”を発表 FaceIDによる認証解除やアプリの起動が速くなる!
『2019年サンリオキャラクター大賞』 令和初の1位はハローキティに決定!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"AppleがWWDCにて“iOS 13”を発表 FaceIDによる認証解除やアプリの起動が速くなる!
『2019年サンリオキャラクター大賞』 令和初の1位はハローキティに決定!