停電に備えたマジで便利なアイテムを紹介 数時間はこれでしのげるぞ!



Anker PowerHouse

台風19号の猛威により一部では停電、そして浸水まで起きた。今日は都内は平穏で臨時休業していたコンビニやチェーン店も昼過ぎから再開。

しかしまたいつ巨大台風が来るか分からない日本。そんなときに備えて便利なバッテリーを紹介したい。

■Anker PowerHouse

過去にも紹介したことがあるが改めての紹介となる。『Anker PowerHouse』という製品で、モバイルバッテリーとは桁外れの大容量と重装備を備えたバッテリー。
持ち歩きようでは完全に被災用やアウトドアなどに使う用途だ。値段は多少高く5万円となっている。

『Anker PowerHouse』にはコンセント、USB、シガーソケットがそれぞれついており、個別にオン、オフスイッチが付いており残量はバッテリー容量ではなく目安の時間で表示される。

【新製品概要】
商品名:Anker PowerHouse
容量 :14.4V / 434Wh
入力 :DC 16.8V / 7.5A
出力 :DC: 12V / 10A、AC: 110V ~ 1.29A、USB: 5V / 6A (各ポート最大2.4A)
出力ポート数:DC x 1, AC x 1, USB × 4
サイズ:約200 × 145 × 65mm
重さ :約4.3kg

■Anker PowerHouse 200

上記の『Anker PowerHouse』の廉価版である『Anker PowerHouse 200』だ。コンセント、USB、シガーソケットは装備されており重さも2.7kgと少し軽くなっている。
これでも十分停電時には活躍してくれるだろう。こちらは2万9800円となっている。

製品サイズ:約190×138×118mm
製品重量:約2.7kg
バッテリー容量:213Wh / 57600mAh
入力:【DCアダプター】5-22V=2.45A【PD入力】5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=3A
出力:【DC(シガーソケット)出力】12V=5A 【PD出力】5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A【AC出力】110V~60Hz, 0.91A, 100W【USB-A出力】5V = 3A(各ポート最大3A)
パッケージ内容:Anker PowerHouse 200、ACアダプター、電源ケーブル、取扱説明書、18ヶ月保証(※注文番号が保証書の代わりとなります)、カスタマーサポート

■Anker PowerCore AC

また持ち運びしやすいバッテリーも販売されている。それは『Anker PowerCore AC』という製品で、値段も1万4999円とグッと安くなっている。
USBx2個、コンセントと十分使えるぞ。、また専用ケースが付いており持ち運びを想定されて作られている。バッテリー容量は22000mAhだ。

製品寸法:約182 × 124 × 31 mm
製品重量:約730g
入力:DC入力:17.6 – 3A
出力:AC出力:110V = 60Hz, 0.79A, 90W  USB出力:5V=4.2A (各ポート最大3A)
容量:22000 mAh / 84.7 Wh
同梱物:Anker PowerCore AC、専用トラベルケース、AC充電器、Micro USBケーブル(※ライトニングUSBケーブルやUSB-Cケーブルは同梱しておりません)、取扱説明書、18ヶ月保証(※注文番号が保証書の代わりとなります)、カスタマーサポート

 



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"台風19号の中でも秋葉原のメイドが働かされるというデマが拡散 実際は避難所誘導していただけ
速報 チョ・グクが就任35日で辞任 文在寅大統領の支持率も低下

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"台風19号の中でも秋葉原のメイドが働かされるというデマが拡散 実際は避難所誘導していただけ
速報 チョ・グクが就任35日で辞任 文在寅大統領の支持率も低下