スーパーファミコンのCD-ROMとして開発されていた『プレイステーション』がオークションに出品される?





かつて任天堂とソニーで共同開発されていた幻のゲーム機をご存じだろうか。スーパーファミコンのCD-ROMとして開発されていたコードネーム『プレイステーション』の実機のようなものがオークションに出品されようとしている。

本体は一体型タイプとなっており、スーパーファミコンのカセットのほかにフロントローディング式のCD-ROMを搭載。SONYのロゴとPlayStationのロゴも確認できる。

実際にこの本体でスーパーファミコンを遊ぶ映像も確認でき、スーパーファミコンとしては使用出来るようだが、肝心のCD-ROMはソフトがリリースされていない。もちろんその後に発売されたプレイステーションのソフトも動作しない。

しかしゲームマニアはこの幻のプレイステーションを欲しくてたまらなく、史上最高額が期待出来るという。



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"公道を走行できる電動キックボード 日本で販売
台風19号で「NHKは壊したらだめ」「NHKは国民を守ってくれる」というツイートが大拡散

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「スーパーファミコンのCD-ROMとして開発されていた『プレイステーション』がオークションに出品される?」への1件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    AVGNの人に買ってもらいたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"公道を走行できる電動キックボード 日本で販売
台風19号で「NHKは壊したらだめ」「NHKは国民を守ってくれる」というツイートが大拡散