2020/01/12 11:49:28

0

政治・経済・社会

ウクライナ旅客機撃墜 イラン革命防衛隊「死にたくなった」と反省



ウクライナ旅客機撃墜

イランの軍がウクライナの旅客機を誤って撃墜し、その知らせを聞いたイラン革命防衛隊のジャデ対空司令官は「死にたくなった」と語ったという。

ジャデ対空司令官「このような事件を起きないでほしいと思った。今回の撃墜事件に対するすべての責任を認め、関係当局のいかなる決定も受け入れる」と語った。

同司令官はテヘランに戻りすぐにミサイルで誤って撃墜したという報告を受けた。これまでチームが調査中であったため、正確な事実が発表されなかったが、隠蔽しようとしたわけじゃないという。

また「罪を犯した私たちは、腐敗したために、我々は責任を負わなければならない。犠牲者の遺族に心から謝罪する」と強調した。

ウクライナのレンスキー大統領はイランに謝罪を求めていたが、ロウハニ大統領との電話会談で、正式に謝罪を受けたという。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"JRの自動販売機サブスクライブを3ヶ月使用してみた結果全く元が取れない
木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"JRの自動販売機サブスクライブを3ヶ月使用してみた結果全く元が取れない
木下優樹菜の「たかしあいてる」の相手はサッカー選手の乾貴士だった? 「ゆきな大好き」と縦読みが発覚