2020/02/04 17:35:06

0

政治・経済・社会

新型コロナウィルス変種確認 人間間の感染で変化を起こすと推測



ウィルス

中国の武漢で初めて発生した新型コロナウイルスの亜種が発見されたと香港メディアのSCMPが4日報じた。

新型コロナウィルスが人間間で感染する過程で変化が起きたと推定される。新型コロナの亜種がどのような影響を与えるかは、まだ明らかにされていない。最悪の場合は、変種ウイルスが新型コロナを完治した患者を再感染させたり、現在使用中の検診機器を回避する可能性もあるという。

上海パスツール研究所の研究者は、最近、中国広東省南部地域に居住する新型コロナ感染の家族を研究する過程で、具体的な亜種が現れたウイルスを発見した。ウイルスが家族間で伝染ながら、かなりの変化を起こしたものと推定された。

ウイルスは、常に変化を行うが、ほとんどの場合は、ウイルスの行動様式にほとんど影響を及ぼさない同意(synonymous)変異または沈黙(silent)の変化に対応する。これに対し、非同期の(non-synonymous)辺は、ウイルスの生物学的属性を変えることで、他の環境でも適応可能になるようすることができる。

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"韓国の空港で中国専用入国ゲートが運用開始 湖北省からの訪問者は入国禁止措置
中国テンセント 新型コロナウィルス15万人 死亡24000人と表示し大騒ぎに

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"韓国の空港で中国専用入国ゲートが運用開始 湖北省からの訪問者は入国禁止措置
中国テンセント 新型コロナウィルス15万人 死亡24000人と表示し大騒ぎに