2020/05/19 01:58:18

0

政治・経済・社会

慰安婦団体元理事長ユン・ミヒャン告発事件 韓国検察が捜査開始へ



ユン・ミヒャン元理事長

慰安婦団体である韓国の慰安婦団体である日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(略して、正義連)の元理事長ユン・ミヒャンが告発されていることに対して韓国の検察が捜査に乗り出すと発表。

正義連の元理事長ユン・ミヒャンであり現在は国会議員である彼女を捜査が近い内に行われるという。

検察は、ユン・ミヒャンの告発事件をソウル西部地検刑事4部(公正取引·経済犯罪担当部)が直接捜査することにしたとしている。捜査はソウル麻浦(マポ)警察署に捜査の指揮を下す可能性が高い。

しかし、検察が直接乗り出したことにより迅速に捜査が行われ、逆に証拠隠滅の可能性が持ち上がるため検察が直接捜査に乗り出すものと見られる。

関連:韓国慰安婦団体 実際の補助金よりも少なく国税庁に申告 既に告発が相次ぐ

韓国慰安婦団体 実際の補助金よりも少なく国税庁に申告 既に告発が相次韓国慰安婦団体 実際の補助金よりも少なく国税庁に申告 既に告発が相次

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"台湾TSMCがHUAWEIの新規受注を停止 トランプ政権に屈する
韓国慰安婦団体 今度は企業からの寄付金6億ウォン中5億ウォンを申告漏れ 

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"台湾TSMCがHUAWEIの新規受注を停止 トランプ政権に屈する
韓国慰安婦団体 今度は企業からの寄付金6億ウォン中5億ウォンを申告漏れ