2021/04/10 09:04:58

0

政治・経済・社会

3400年以上も前に埋もれてしまったエジプトの伝説の黄金都市が発見される



黄金都市

伝説として伝えられてきた「黄金都市」が約3400年ぶりに発見された。

4月8日、「イスラエルタイムズ(The Times of Israel)」はエジプトの著名な考古学者で元エジプトのザヒ・ハワス博士の研究チームが遺跡地ルクソール(Luxor)近くで砂の中に埋まっていた古代都市遺跡を発掘したと報道した。

報道によると今回発掘された都市遺跡はツタンカーメンの祖父であるアメンホテプ3世(BC1391~1353在位)時代の遺物と推定している。
これらの遺物は、これまで発掘されたエジプト古代都市の遺跡の中で最大規模を誇る。

それに保存状態も大変良い。ハワス博士は「古代住民たちがまるで昨日去ったように都市は数千年の間ほとんど壊れてなかった」と述べた。発見された都市は、行政、住居区域、生産活動区域に分かれていた。その町の街路に面した家屋はそのまま保存されていた。一部の壁の高さは3メートルに達し、当時エジプト人の建築技術の偉大さが窺える。また、ジグザグ状の壁で囲まれ、内部の通路に動線が分散する整備された構造を持つ区域も存在した。ここは行政および住居区域と分析された。

このように作られた理由について、研究チームはセキュリティの目的であったり、ここに住んでいた人々を統制するためのものと推定した。居住施設では、アメンホテプ3世の印章が刻まれた泥レンガをはじめ、指輪のような宝石類、有色陶磁器、カブトムシのお守りなどが出てきた。

特に、膝の部分がロープで縛られている特異な遺骨も発見された。ハワス博士は「追加的な発掘作業だけが3500年前にどんなことが起こったのかを明らかにする道だ」と伝えた。

一方、アメンホテプ3世は紀元前1354年ごろ死亡したものとされている。 彼はユーフラテス川流域からアフリカのスーダンに至る領土を統治し、古代エジプトは政治的、文化的絶頂期を享受した。


黄金都市

黄金都市

黄金都市

黄金都市


ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"中国の動物園でオオカミの檻に愛犬を落とした客 犬はオオカミに噛み殺される
フジテレビ『99人の壁』でプレイステーション特集が行われるも「社内の生き字引」広報が惨敗でトレンド入り

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"中国の動物園でオオカミの檻に愛犬を落とした客 犬はオオカミに噛み殺される
フジテレビ『99人の壁』でプレイステーション特集が行われるも「社内の生き字引」広報が惨敗でトレンド入り
//valuecommerce //popin //popin amp