2018/05/31 14:24:20

0

政治・経済・社会

【速報】日大アメフト部悪質タックルを受けた被害者の告訴状が受理される



【簡単に説明すると】
・日大アメフト部の悪質タックルを受けた被害者が告訴状を提出
・告訴状が受理され傷害容疑で捜査
・内田前監督と井上前コーチは除名処分

告訴状受理

日大アメフト部の悪質タックル問題で、関西学院大学の被害者が告訴状を警視庁調布署に提出し、その告訴状が受理された。
内田前監督と井上前コーチを傷害容疑で捜査が進められる、また反則行為を行った当該選手にも事情聴取が行われる。

内田前監督と井上前コーチは除名処分となり、当該選手は2018年度シーズン終了まで出場資格停止となる。しかし反省文と面談にて出場できるようになる。

29日の21時からの関東学生連盟の会見にて除名処分について説明が行われ、今後異議申し立てがある可能性や除名処分は本決定でない旨も語った。

※画像はAbemaTVより。

関連:日大アメフト部反則タックル問題 関東学生連盟が会見 内田前監督と井上前コーチは除名処分
関連:内田前監督について関係者から聴取 「内田が黒と言えば白も黒」「気に障ると突然クビ」「まるで宗教」

記者のTwitterアカウント



コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"Googleで回線スピードテストが出来るようになった! やり方は超簡単
男女がパソコンを触る画像が錯覚を起こしネット中混乱 議論にまで

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"Googleで回線スピードテストが出来るようになった! やり方は超簡単
男女がパソコンを触る画像が錯覚を起こしネット中混乱 議論にまで