2018/07/05 03:01:36

0

アプリ

『Dead by Daylight』のスマホ版『Identity V』がAppStoreで配信開始



【簡単に説明すると】
・『Dead by Daylight』のスマホ版『Identity V』が配信開始
・AppStoreからダウンロード可能だがプレイは明日の12時から
・開発は『荒野行動』の会社

Identity V

人気ゲーム『Dead by Daylight』のスマホ版とも言われている『Identity V(第五人格)』がAppStoreで配信開始された。アプリはダウンロードして起動することが可能だが、サーバーに接続することが出来ずにまだゲームのプレイはできない。

実際にプレイ出来るのは7月5日の13時を予定している。言語は初期の英語のほかに、日本語も選択可能で、インターフェイスや文章も日本語化されている。

『Identity V』は『Dead by Daylight』同様に非対称型対戦ゲームでサバイバー4人とキラー1人で戦うゲーム。

このゲームは『荒野行動』で有名なNetEase Gamesが開発しており、当初は『Dead by Daylight』の類似ゲームかと思われたが、その後『Dead by Daylight』の開発者のアドバイスを得ていることがわかった。またそれだけでなく『Dead by Daylight』の開発会社Behaviour Interactiveが公式にパートナーとして協力しているとウェブサイトでアナウンス。これにより後付けではあるがパクリゲームではなくなった。

関連:中国版『Dead by Daylight』こと『Soul at Stake』が早期リリース
関連:突如ブームになってきたゲーム『Dead by Daylight』 スマホ版は『荒野行動』の会社と共同開発を発表
関連:本田翼が殺人鬼を操る残酷ホラーゲームにはまる! インスタに投稿し話題に

Identity Vのダウンロード


13時から稼働

AppStore



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】スマホを落下したときに緊急でガードするスマホエアバッグが開発される
【動画】インドで仕事を探しに来た罪も無い男性が市民に虐殺される その理由が酷すぎる!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】スマホを落下したときに緊急でガードするスマホエアバッグが開発される
【動画】インドで仕事を探しに来た罪も無い男性が市民に虐殺される その理由が酷すぎる!