『iPhone Xs MAX』入手 思ったほど大きくなく手に馴染む



【簡単に説明すると】
・『iPhone Xs MAX』を入手
・思った程大きいというわけでない
・買い換えるほどの変更点があったのか?

iPhone Xs MAX

9月21日は『iPhone Xs』、『iPhone Xs MAX』の発売日で、恒例の行列も出来ていたようだ。しかしあいにくの雨で例年よりも列が少なかったとか。

そんな新iPhoneを早速入手したので開封、そしてレビューをしたいと思う。

私は元々購入予定が無かったので予約すらしていなかった。しかし当日になり急に欲しい症状にかられて、近所のショップに聞いたところ「在庫あります」とのこと。今年は余りがちなのか、多めに出荷したのか。

一番人気であろう『iPhone Xs MAX』のゴールドがあるというのでそれを購入することに。6.5インチという本体がどれほどのものか気になってMAXを選んだ。

特にゲームを遊ぶ人なら『iPhone Xs MAX』を選ぶべきだろう。それ以外にも動画視聴時にサラウンドスピーカーになったり、カメラが強化されたりDSDSと細かい部分で変更されているが、一番の変更点は本体の大きさだろう。DSDSと言ってもスロットが2つあるわけじゃないので大きな期待はしないで欲しい。

本体の大きさは『iPhone X』より一回り大きくなっているが、持てないほどの圧倒感もなく通常使う分には問題ないレベルだ。

・カメラのポートレート機能 追随が遅い?

カメラのポートレート機能がどれほどパワーアップしたのか試してみようと思い早速カメラ機能を試す。しかしカメラのポートレートモードにしたとたんに違和感に気づく。画面を0.コンマ秒ほどであるが、画面に映っている映像が送れている。『iPhone X』と比較しても明らかに映像が遅れているのがわかる。ポートレートなので大きな問題ではないが、どうせなら遅延しない映像の方が良かった。ポートレートでない写真モードの際は遅れることがないので、ポートレートモードに理由があると思われる。

ポートレートで撮影した画像はあとあとF値の変更が可能になり被写界深度の変更が可能になった。下記に『iPhone X』と『iPhone Xs MAX』のポートレート写真の比較を掲載したが、どちらが良いとは言えない結果だ。『iPhone Xs MAX』はボカシがきつすぎて輪郭までボケてしまっているが、後ほどボケ具合を変更出来るのは強みだ。

写真比較

写真比較

・機種変ずべきか?

ただ『iPhone X』から機種変すべきかどうかは微妙である。本体が大きくなったのは大きいがそれ以外あまり代わり映えしない『iPhone Xs』『iPhone Xs MAX』。既に『iPhone X』を持っている人はスルーしても良いだろう。
ビデオ録画時のステレオ録音やカメラの性能向上、A12Bionicと性能アップしているのは確実だが、16万円もする本体を買うには勇気がいるだろう。
所有している機種が相当古い何世代も前なら間違い無くオススメの機種だ。

当日予約無しで購入出来たのも少し納得できてしまった。


iPhone Xs MAX

iPhone Xs MAX

iPhone Xs MAX



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"本田翼がYoutubeにゲームチャンネルを開設 不定期でゲーム配信 好きなゲームは『Dead by Daylight』
台風で韓国旅行に行けなくなるもHISがホテル代は返金出来ないと返事 → 韓国ホテル「請求なんてしてないよ」

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

「『iPhone Xs MAX』入手 思ったほど大きくなく手に馴染む」への1件のフィードバック

  1. a より:

    誤字が酷い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"本田翼がYoutubeにゲームチャンネルを開設 不定期でゲーム配信 好きなゲームは『Dead by Daylight』
台風で韓国旅行に行けなくなるもHISがホテル代は返金出来ないと返事 → 韓国ホテル「請求なんてしてないよ」