スロットのロゴがクロノトリガーのパクリだと話題に





ジャグラーなどで有名なパチスロメーカー北電子が新たな機種の商標を出願し、いろんな意味で話題になっている。

その新たな機種は『ホイール・オブ・フォーチュン』という機種で、2019年11月14日に商標出願されたばかりのもの。同時に機種のロゴと思われる物も登録されている。

しかしこの『ホイール・オブ・フォーチュン』のロゴが名作ゲーム『クロノトリガー』のロゴに酷似していると言われているのだ。

『クロノトリガー』とは1995年にスクウェア・エニックス(当時、スクウェア)より発売された名作RPG。

確かに比較すると『クロノトリガー』のCを表す文字である時計に似ているものが『ホイール・オブ・フォーチュン』でも確認できる。またローマ字も下段は歪んだ表現が使われておりこれも『クロノトリガー』と共通する。

Twitterでは「好きなものを組み合わせた感じ」、「北電子がクロノトリガーの版権を取ってスロ出すと聞いて」、「叩かれる事は想像に難くない筈なのにやってのけるあたりは良い度胸だと言える」、「クロノトリガーのようだな」とパッと見、クロノトリガーのロゴに見えてしまった人が多いようだ。

たまたまなのか、1995年のゲームだからバレないと思って似せてしまったのか……。

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"【動画】クラウドファンディングに支援して送られてきた『どこでもアクションカメラ』が酷いので再度文句言いたい
【動画】ロジクールのマイクブランド「Blueマイクロフォンズ」のUSBコンデンサーマイク『Yeti』を使用してみた 4つのパターンを切り替え可能!

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"【動画】クラウドファンディングに支援して送られてきた『どこでもアクションカメラ』が酷いので再度文句言いたい
【動画】ロジクールのマイクブランド「Blueマイクロフォンズ」のUSBコンデンサーマイク『Yeti』を使用してみた 4つのパターンを切り替え可能!