2020/04/06 08:21:19

0

政治・経済・社会

イベルメクチンが新型コロナウィルスに効果あると研究結果発表 2日でウィルスを殺した



イベルメクチン

世界中で拡散している新型コロナウィルスだが、ここに来てオーストラリアのモナッシュシュ大学(メルボルン)の研究チームが行った細胞培養実験の結果、イベルメクチンが新型コロナウィルスである「SARS-CoV-2」の成長を妨害することが確認された。

イベルメクチンは、世界各国で広く使われている虫除けだ。副作用と毒性が少なく、「奇跡の薬」と呼ばれることもある。リンパ糸状虫だけでなく、回虫、鉤虫のような腸内寄生虫、ノミなどの体外寄生虫にも強力な効果があるとされている。

そのためペットのペットの糸状虫の治療剤としてもよく使われている。 特に熱帯地方の風土病に優れた効果があり、中南米やアフリカなどでは毎年約2億人に投与されている。アジア圏では除虫薬の役割より毛嚢虫を除去する効果のために使われている。炎症性注射の治療に使われ、肌に塗る外用剤も許可されている。

同大学の研究チームは「イベルメクチン単一用量でもコロナウイルスを48時間以内に除去することができた。24時間内でも相当な減少効果を見せた」と伝えた。

ソース

記者のTwitterアカウント


コメントする(匿名可)



誤字脱字を報告する

プッシュ通知を

ゴゴ通をフォローする

facebook twitter feedly RSS
"(追記)大手企業のトランスコスモス多摩センターにコロナ感染者 日給1000円上乗せするから出社しろいうデマが拡散
渋谷に人が少ない件 ハチ公前少なすぎて怖い

関連記事

もっとみる

新着記事

もっとみる

コメント(匿名で投稿できます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


"(追記)大手企業のトランスコスモス多摩センターにコロナ感染者 日給1000円上乗せするから出社しろいうデマが拡散
渋谷に人が少ない件 ハチ公前少なすぎて怖い